泉竜真氏のC-Tradingこと勝率100%“オートマチックトレード”は詐欺案件なのかなぁ? この情報商材を検証しレビューしていきます!

詐欺情報商材狙い撃ちサイト

泉竜真氏のC-Tradingこと勝率100%“オートマチックトレード”は詐欺案件なのかなぁ? この情報商材を検証しレビューしていきます!

皆さん、こんにちは!!オーナーの心です。

 

負け~じゃなくて、勝ち!と解る前から何もしないで勝利を勝ち取ってしまうと豪語している

ノーリスク投資法がありますよー(負けトレードは奨めません)と情報が

紛れ込んできちゃいましたのでレビューしちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

販売者情報

【提供者】泉 竜真

【販売会社】不明

【所在地】不明

【連絡先】customer@winners.co.jp

【オファーURL】

https://tinyurl.com/ya5erhs6

【返金保証】不明

【価格】無料オファー

 

 

 

 

 

泉竜真氏のC-Tradingこと勝率100%“オートマチックトレード”   について

 

今回アタイが紹介するオートマチックトレードとは、どんな投資案件かと申しますと

FXでもなければバイナリーオプションでもない

日経225でもなけりゃー株式投資でもないーって事は・・・

 

誇大広告をネット上に配信しているのに表紙で公表していない案件といえば・・・

 

 

 

 

そうです!仮想通貨ビットコイン)の案件でござーい!!!

それを配信元の泉竜真氏はビジネスモデルを一切明かす事なく

分かりにくい表現かつ!多忙かと思わせぶりな誇大広告を大袈裟に使用して

 

↑    ↑     ↑

 

これだけの情報だけで稼げるのは当たり前だとー?!と思ってしまった

初心者の方はもちろんのこと情報弱者の諸君に告げまーす。

 

 

 

 

 

逆パターンでアタイが豪語しますよー!

たったこれだけの証拠を収集しておけば登録されようとしているユーザーの皆さんの助けに

なるかと思います。

 

理由ですか?

100%だとか「絶対に稼げる」という文言は法律上、訴える事ができるんです。

 

 

 

かと言って最低資金の3000円だけなら勝負してみっかー!

と思う方が居られる・・・・ね。

 

その3000円をどこの誰だか分からない◎竜〇氏が一押しする

証券会社に体現することなど、ギャンブルに過ぎません。

 

 

ユーザー:◎竜〇氏って誰だかわかっているの?

アタイ:いえ。アタイは全くこの方を存じ上げませんですし本当に

億り人になっている方なのかも知りません。

 

ただただネット上では批判を浴びているだけの存在しか存じません。

 

 

こちらも同じような商材になりますよん^^;

https://tinyurl.com/yaxg8rzs

 

以下同文

 

 

泉竜真氏のC-Tradingこと勝率100%“オートマチックトレード”に  ついてレビューした検証をまとめます。

検証の結果、詐欺詐称のある情報商材になります。

 

 

 

 

これだけの誇大広告をネット上に配信する努力と希望はアタイなりに買ってあげますけどぉ

100%の勝率を誇る情報商材など、この世に存在致しません。

 

 

 

このような案件には

弊サイトで取り扱う事ができませんのでこの案件に付きましても

一切、近づかないでくださいね。

 

 

 

 

 

こんなアタイのために

人気ブログランキングに「1ポチッ」とお願い致します。

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

ご協力して頂き本当に有難うございます(^^♪)

 

 

 

 

 

PS

八百屋さんのおじちゃんおばちゃん、美味しい肉屋さんを教えてくれて

(人”▽`)ありがとう☆有^^!

 

 

 

オーナーの心が提供する無料アフィリエイト講座

情報商材という案件はアフィリエイト副業)という文言を使用して

如何に騙して、騙されるのか!

を、初心者情報弱者の方々をターゲット配信している商材です。

もういい加減、騙される側は止めませんか。

その代わり、あなたを1日数時間の作業で3ヶ月の日々をアタイに頂ければ

プロのアフィリエイターに育ててみせます。

今度は詐欺師側に付いてしまったユーザーの皆さんを

あなたの手で助けてあげて下さいませ。

そして導いてくださいませ。

 

決して楽な道のりではございませんが

あなた自身が諦めなければ、アタイは一生

あなたへの無料サポートを続けさせて頂きます。

↓↓↓


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ