山下大輔氏のWe Are Projectこと暗号通貨は詐欺なの? 情報商材を検証してレビューしていきます。

詐欺情報商材狙い撃ちサイト

山下大輔氏のWe Are Projectこと暗号通貨は詐欺なの? 情報商材を検証してレビューしていきます。

こんばんは。オーナーの心です。

今日は3問×10秒=総計10秒で終わらせれば簡単に目標金額が支援頂けるといった

プロジェクトオファーが届きましたのでレビューしていきます。

 

 

販売者情報

【提供者】山下大輔

【販売会社】ルケルス合同会社

【所在地】大阪府大阪市北区池田町10番地11号

【連絡先】info@weare-project.com

【オファーURL】

http://tinyurl.com/y8vg58w3

http://tinyurl.com/ybjq9bgb

【返金保証】不明

【価格】無料オファー

 

山下大輔氏のWe Are Projectこと暗号通貨について

第一話のオプトイン動画はコチラになります。

 

誇大広告にはビジネスモデルが一切明かされておりません。

ですがオプトイン動画には「堅い不動産投資こと不動産投資」と謳ってあります。

何が本当で何が?なのか本当にわかりません。

 

 

 

その前に

こちらは既に体験されましたでしょうか。もちろんアタイは全て完了しております。

 

 

 

だって、ただ質問に対しての答えをクリックすれば毎月50万円を無条件で頂けるんですもの♪

 

 

 

結果、プロジェクト参加条件?なんじゃそりゃ・・・

参加条件にもコメントしましたけど、なかなか無条件報酬が頂けませんね。

それどころかWe Are Projectへの参加権利だけを頂いたといいますか

ただ、言葉だけの「権利」を頂きました。

 

 

 

その後・・・クライマックスが近付いてきましたけどクライマックス

オプトイン動画はコチラになります。

こちらのオプトイン動画にはビジネスモデルとか3問の質問に対しての

支援金が謳われておりませんけど唯一のビジネスモデルの事が誇大広告

謳ってありました。

 

 

 

今回、山下大輔氏のWe Are Projectビジネスモデルは「暗号通貨」になります。

支援金が受け取れる条件として「インサイダー取引」をすることが

今回の案件We Are Projectこと暗号通貨「インサイダー取引」なのです。

 

山下大輔氏のWe Are Projectこと暗号通貨について検証結果を報告します。

検証の結果、詐欺商材1品の情報商材となります。

暗号通貨でもインサイダー取引は立派な犯罪なのでアウト!

 

 

 

どうな状況でもインサイダー取引は立派な犯罪行為になります。

それはそうとここまで支援金だとか現金をばら撒くと謳っている以上

プロジェクトといいながらセミナーを開催するのではなく高額塾に進展する

可能性が大いにあります。

 

 

 

稼ぎ続ける案件、情報商材には数々の謳い文句「前代未聞」と謳っていますけど

稼げたという情報は一つも耳に入ってきませんので

 

 

 

この案件に付きましても

一切、近づかないでくださいね。

 

 

アタイは私自身のブログに良い商材を提供するために、作り上げています。

師匠もそのつもりでアタイに良い商材を提供する事だったのですが、

詐欺商材ばかりになってしまっている今現在、こればかりは、避けては通れないのです。

1人でも多くの犠牲者を出さない為にも、今後も、努力をしていきますので、

こんなアタイのブログですが、見てやってください。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ